ブログトップ

原石のサイコロ

rtraingle.exblog.jp

『戦場からは逃れられんか』双月蒼羽、『ボクは生まれそして気づk(ry』星咬十六夜、『決めるぜ下克上!』守岳詠人、『( ゚д゚ )彡そう!』シャープの四人による、お金が足りない奴らのブログ

火星人云々のニュース

火星には、昔水があったそうですね。何でも、過去は地球みたく温暖だったかもしれないとか。今は氷になっていますが。これくらいなら知っている方が大多数でしょうが。
それで今日、火星の土を掘る検査機が行動を始めた、とかいったニュースが流れました。何でも、一千度の熱で掘ったものを溶かし、データを地球に送るとか。

それを見て、少し思った事を。

地球人は水がないと生きていけません。酸素がないと体が働きません。
しかし、果たしてそれを火星人やら何やらに適用出来るのか、って話。

地球人と違い、宇宙人は酸素を必要としないかもしれない。もしかしたらヘリウムを吸って生きているかもしれない。
手塚治虫の漫画『火の鳥』にありましたが、鉱物が支配した星があるかもしれない。辿り着いた人を溶かし、消化する星……食人星があるかもしれない。

まぁ、要するに何が言いたいのかといいますと。
宇宙人を地球人の常識や生態に当てはめたところで意味はないんじゃないか、という話。
[PR]
by rainbow-dice | 2008-05-26 23:50 | 蒼羽の独り言