ブログトップ

原石のサイコロ

rtraingle.exblog.jp

『戦場からは逃れられんか』双月蒼羽、『ボクは生まれそして気づk(ry』星咬十六夜、『決めるぜ下克上!』守岳詠人、『( ゚д゚ )彡そう!』シャープの四人による、お金が足りない奴らのブログ

<   2007年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

『 』内は仮決定です。本人の要望ならば、他の候補・新たに提示された候補を選ぶことが出来ます。

(確定)となっている人は『 』内の二つ名で確定です。変更も可能ですが。

これにする! という方はその旨をコメントにて伝えてください。

この色は嫌だ! という意見が本人から出された場合は『○○色』でのみ変更可能です。既出・色以外の変更は原則禁止とします。
(例)
黄土、山吹、薔薇、蜂蜜、檸檬

えれ君の二つ名は細音さんに選択権があります。他に意見があればコメントお願いします。候補に加えますので。

細音さんの二つ名は『細やかな音色を啓してみせよう』にて決定しますので、考えておいて下さい(邪笑)

二つ名希望者はコメントをどうぞ。喜んで悪戯心・お茶目心に富んだ二つ名を考えます(笑)

話し合いの場の一つとしてチャットを使用したい場合は、下の記事にある『ルーラー亭』から飛んで下さい。



自由気儘さん(確定)
『名詠研究部部長』


紅蓮の宝剣さん(確定)
『紅葉色の焔術師』


宙矢さん
『若草色の夢綴り』
若草色の紡ぎ手
若草色の書き手
若草色の語り手


HOCT2001さん
『赤銅色の弾き手』
赤銅色の独奏者
赤銅色の講義師


Let'sさん
『瑠璃色の疾風』
瑠璃色の担い手
瑠璃色の奇策士
瑠璃色の風
瑠璃色の星屑
瑠璃色の流星
瑠璃色の息吹


セミの抜け殻さん
『黄金色の分身』
紫紺の瑪惱(しこんのめのう)
黄金色の空蝉
黄金色の走馬灯
黄金色のオペレーター


ラットさん
『幻想の綴り手』
孤高の渡り鳥
夢幻(むげん)の雷光


キリハさん
『浅葱色の旅人』
浅葱色の流し人
浅葱色の流浪人


御奏蒼さん
『夜歌の詩人』
宵風(よいて)の伴奏
無音の旋律


えれ君
緑青の隻眼
緑青の処刑人
緑青の調合師
緑青の疾竜(ワイバーン)
[PR]
by rainbow-dice | 2007-07-27 12:18 | T,O,T
なんか今回のテーマは『色』ってことでそれにそった形で進んでいるようです。
もし二つ名がほしいと言う人は下のリンクから参加して見てください。
異常にノリのいい人達がつけてくれるかもしらませんよ?
参加に必要な物は『お茶目心』と『悪戯心』の二つだけ!

ルーラー亭

ついでに過去につけられた二つ名も載せました。
下のを参照にしてください。

二つ名が決まったらコメントをいれてください
では!

二つ名
[PR]
by rainbow-dice | 2007-07-26 15:24 | 暗躍者達の報告書
本当は
『締め切りが終わり久しぶりに見ると次ので60件目だと分かり、この記事を60件目にしようともくろむも先に天空に越されて悔しがって書く雑記ばかりの』61件目
という某0巻に出てきそうな、長い題名を書こうとしたが断念した守岳詠人の記事。

今日はしばらく出なかったうちに溜まった雑記を放出。



その1

しばらくここに来なかったのは学校の委員会のほうで文化祭の準備があったため。
その発表のやつで小さくいが重要な係りを副委員長だ、という理由で推薦という名の押し付けに食らっていた。
そのまとめに必死になっていただけで、決して『黄昏色の詠使い』を最初から通して読みまくったり、『失われた物語』が気に入って、それを5回も読み込んでいたからではない、決して。



その2

『黄昏色の詠使い』を含むライトノベルを多数購入。
おかげで本棚の許容量が超えて今部屋のあっちこっちに積み重ねてあったり。本棚購入のほうはいつになるかは不明。



その3

今日ブログ巡りをした後ログインして訪問者数を調べてみた。すると

16日:21人
17日:41人
18日:19人

後は20人前後。
……何が在ったんだ17日に……謎だ。



最後に

ついでに図書館で今年の貸し出し冊数を調べてみた。
すると
200冊:守岳詠人
186冊:白石由里奈
85冊:赤焔涼

………これ、今年だけのはずなんだが……(汗)。

ついでに学校全体での貸し出し冊数のうち、クラスごとの割合を計算してみた。

結果:19,7%

このうち90%が俺………上位2名だけでなんと全体の貸し出し冊数の30%近くを示していることが判明した。



………全部通すと本関連の話題ばかりのような気がするのは偶然だ。

ではまた世界の重なる頃に


今日のスポンサー
・『失われた物語』乙一署
・『黄昏色の詠使いシリーズ』細音啓署
・『マテリアルゴースト0』葵せきな署


追記(人の記事に蒼羽登場!)
昨日十六夜達が議論した結果、二つ名は『○○色の~』という感じでしよう、という話になったそうです。
ちなみに、○○の所は二文字限定。

例『山吹色の流浪人』
[PR]
by rainbow-dice | 2007-07-25 20:56 | 守岳一賊の暴走記録
どこの話の最終話? と思うような題名ですが、そこは突っ込まずに。

本日『土曜日生まれの男。』のaioloxさんが15時30分、ついに、ついに! 一年間想い続けてきた人に告白しました!

待望の結果は……『土曜日生まれの男。』をご覧になって下さい。こちらで発表するのはいろんな意味で良くないので。

成功なら祝福を、失敗なら…その時はみんなで屍を拾いましょう。そして丁寧に火葬しておきましょう! 万が一のため塩の用意も忘れずに。


さあ、その目でaioloxさんの結果をいざ! 隣のリンクから突撃!
[PR]
by rainbow-dice | 2007-07-24 19:39 | T,O,T
さーて、今回もやってきました! 例によって例の如く、黄昏色の詠使いシリーズ発売毎の恒例、『細やかな音色を啓してみせよう』襲撃イベント!題して、『細やかな音色を襲撃してみせよう!』


それでは、早速要点の整理を
・誹謗抽象等、最低限の事は守りましょう。
今更言うまでもないですがね(笑)。 この行為自体が駄目では?と思った方はお気になさらず。

・常連は連続してコメントするのを控える
かつての細音さん誕生日の際『新規に参加しにくいのでは?』というのがありましたので、新規、常連問わずに皆でわいわい騒げる様な雰囲気を作りましょう。

・二つ名を付けよう!
HOCT2001さま、宙矢さま、ちなさま、ラットさま、紅蓮の宝剣さま、Let'sさま自由気儘さま、深雪葵さまは確定。他に「俺の名前がない!」って人がいましたら、コメントをどうぞ。
他に二つ名希望者がいましたらお気軽に! 参加に必要な物は『お茶目心』と『悪戯心』の二つだけ!

・新規加入者を236人程調達
頑張って集めましょう(笑)。方法は問いませんからね?(邪笑)

・お菓子は1人578円まで
勿論、バナナは入りません(笑)。

・ゲームは1日最低3時間
部屋を明るくして離れてプレイ!(笑)。


ルールをしっかり守って、皆で楽しく、和気あいあいと乗り込みましょう! いざ行かん、細音ブログ!

追記

相談等は、できるだけブログのコメント欄でせず、チャット等でして下さい。
[PR]
by rainbow-dice | 2007-07-22 22:26 | T,O,T
細音ブログの襲撃準備中!

要点をまとめて別に用意する必要があるので、襲撃記念の作品だと思ってください。

十六夜「さあ!300コメントを目標に、清く正しく腹黒く、細音さんを困らせちゃいましょう!」

蒼羽「いや、待て!3巻発売記念に300コメントを目指すのは分かるが、後半の『清く正しく腹黒く』って何だよ!あと、いきなり過ぎ!」

十六夜「何って…今回の襲撃のスタンスだけど?あと、黒くて何か問題でも?」

蒼羽「大有りだ!細音さんは今とても忙しいんだぞ!にもかかわらず、コメント返しに手間取らせるような真似をお前は~!」

十六夜「落ち着きたまえ!ワトソン君!」

蒼羽「誰がワトソン君だ!」

十六夜「君以外に誰かいる?」

詠人「いるぞ」

十六夜「……ひ、人の話の腰を折っちゃダメでしょ!」

詠人「我が儘だな」

十六夜「我が儘でも何でもないよ!」

詠人「騒がしいな。だからケガなんぞするんだ」

十六夜「余計なお世話だよ!この本の虫!」

詠人「ふふ…悪くない響きだ」

十六夜「本魔人!筋肉ダルマ!耳鼻科に行って二度と帰ってくるな~!」

詠人「うるさ~い!本に埋もれて果ててしまえ!あと、筋肉ダルマじゃねぇ!」

十六夜「なにを~!?そっちこそ納豆イベントに参加して、地獄を見ればいいんだ!」

蒼羽「その位にしておくべきだと…」

十六夜&詠人『哀れな子羊は黙ってろ(なさい)!』

蒼羽「なんでそこだけ息ピッタリなの!?」

~しばらく綺麗な映像を想像、楽しみつつお待ち下さい~

哀れな子羊「で、具体的な内容は…って、なんか名前変わってる!」

十六夜「気にしたら敗北、斬首、筋トレだよ~?」

哀れな子羊「色々と言いたい事はあるけど、まずこれを直せ!」

詠人「面白いのにな…」

蒼羽(元・哀れな子羊)「…で!注意事項は!?」

十六夜「上記の例の様に、誹謗抽象は禁止!」

蒼羽「あれ、悪い例だったのか!」

詠人「常連は連続してコメントするのを控える?」

蒼羽「何故に疑問詞!?」

十六夜「二つ名を紅蓮の宝剣さんと、Let'sさんと、ラットさん(ファンタジー風に)と、セミの抜け殻さんに付ける!」

蒼羽「ラットさんだけ系統が決まってる!」

詠人「新規加入者を236人程調達…」

蒼羽「多い!多すぎだ!細音さんが驚きのあまり倒れる!あと、妙に数字がリアルだ!」

十六夜「お菓子は1人578円まで!ゲームは1日最低3時間!」

蒼羽「もはやイベント関係ねぇ!しかも額が半端だ!」

詠人「ブログだけじゃなく、サイトも襲撃!」

蒼羽「収拾が着かないからやめてくれ!」

十六夜「それじゃあ、今から3日間程…」

詠人「思う存分暴れるとしよう!」

蒼羽「十六夜!詠人!早まるな!戻ってこい!」

詠人「あ、なんか名詠で詠ばれてる…」

蒼羽「詠ばれるなよ!というか、色は何だよ!?」

十六夜「空間を飛び越える指輪!」

蒼羽「なんで持ってる!?…って本当に行っちゃったよ…。……仕方ない!俺も行く!」

蒼羽はキメラの翼を放り投げた!


その後、彼らの行方を知る者は、皆さん以外いなかった…。
[PR]
by rainbow-dice | 2007-07-19 22:57 | T,O,T
↓にあるバトルレポート、実は7月9日にやった戦いの記録だったりします。

ある程度予想はしていましたが、やっぱり作るの難しいですね。

で、このバトルレポート、基本的に1週間に1回あるかないか位の間隔で書くと思います。基本的に遊ぶのは土日ですので。


では、前回のレポートの解説……というか、名前の由来と十六夜の最後の一匹について。

おおみや(ドサイドン)
私と兄が通っている学校(時期は違う)に「ヤクザの首領をやっていた様な雰囲気」と言われた先生がいて、そこから取りました。

よしかげ(サマヨール)
私と兄が持っている漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の4部に登場するラスボスの名前です。「雰囲気的にそれっぽかった」だそうで。

ディオ(ガブリアス)
こちらもジョジョ。今はSBR(スティール・ボール・ラン)という名前ですが。そこに出て来る敵の名前です。


十六夜の最後のポケモン
アグノムというエスパーポケモンだった(本人談)


あ、使わなかったカテゴリー『日常』を『バトルレポート』に変更しました。


それではこれにて
[PR]
by rainbow-dice | 2007-07-18 23:53 | バトルレポート
「イチブイみたいには無理だけどやらない?ポケモン」

何もすることがない(勿論レポートや宿題はある)ので、十六夜がこの僕、蒼羽に上の台詞を言って…いや、繰り出してきた。
「…マジで?」
「本気、もしくは真剣と書いてマジで」

そんな訳で、暇な僕等はポケモンで対戦することにした。

「テキトーに選んで~♪テキトーに覚えさせて~♪テキトーに持たせる~♪ルルラ~♪」
と、すっかりやる気の十六夜、次々とメンバーを決めていく。
ちなみに、ルールはレベルは同じ位というものと、二体以上の眠り禁止のみというぬる過ぎるものだったりする。
僕は、兄から借りたパールのボックスから、レベルがちょうどいいポケモンをたっぷりと時間をかけて選び、たっぷりと時間をかけて道具を持たせた。(技は変え過ぎると分からなくなるのでやめた)勿論、十六夜から遅い!と言われたが。


現在、DSの画面に写っているのはプレイヤーがフィールドごしに向き合っている状態だ。
……バトル開始!
「最初はコイツ!」
十六夜が繰り出してきたのはエムリット。エスパーポケモンである。
それに対し、僕が出したのはジュペッタ。タイプ相性は十六夜の表情を見る限り、こちらがいいようだ。
技を選択し、エムリットが影分身で回避を上げる。しかし、無駄だった。
ジュペッタのシャドーボール!

みるみるHPバーが減っていき…エムリットは倒れた。
「うわっ!いきなり急所!?」
どうやら幸先のいいことに、急所に当たったようだ。しかも、効果は抜群。

「む~…!こうなったら自棄だ!焼いてやる!」
と、続いて現れたのはレベル60のゴウカザル。ダイヤモンド・パールの最初の三匹のうちの一つだ。

今回の対戦は、レベルが60前半のポケモンを一体だけ使ってもよい、ということにしてある。他のは大体50位なのだ。
「何も出来ずに倒されるのはゴメンだ!」
ジュペッタの不意打ち!必ず先制攻撃出来る技だ。効果はいまひとつ。
ゴウカザルのフレアドライブ!
ジュペッタは倒れた。

「よし!これで仕切り直しだ!」

「それはどうかな?」
僕が次に出したのはドサイドン。サイホーンがサイドンになり、さらに上の進化を行うとなれるポケモン。相手は炎、こちらは岩が入っている地面だ。相性はいい。

「……一つ聞いてもいい?」
「うん?」
「なんで、ドサイドンの名前が『おおみや』?」
「……世の中には、知らなくてもいい事があるんだよ」
「…さいですか」

さて、戦闘再開。
ゴウカザルはインファイトを使い、おおみやを沈めようとしたが流石に硬く、三割程HPが残り、技の効果で防御・特防が一段階下がる。

おおみやの地震!
効果は抜群!ゴウカザルは倒れた。
「なんの!まだまだ!」
次に十六夜が繰り出してきたのはギャラドス。特性『威嚇』によりおおみやの攻撃が下がる!
「ひこうタイプもあるからね。じしんは効かないので悪しからず~♪」
「ならば交代!」

おおみやは攻撃力が下がっている上、タイプの相性も悪い。ここで無理に使う必要はないと判断し、ソーナンスと交代した。

ギャラドスの滝登り!
しかし、ソーナンスに大ダメージを与える事は出来なかった。
「おおみやにとどめ刺させてくれたっていいのに~…」
「そう安々とやらせるか!」
次のターンからは相手の技を読む必要がある。
何故ならソーナンスはカウンターや、ミラーコートといった技を使う、反撃型だからだ。
「どうしようかな~…?」
と、十六夜が呟いた。こいつは勘が良いだけでなく、言葉を上手く使い、こちらの行動を誘導させてくるから厄介だ。
「フッフッフ…喰らうがいい!」
その言葉から、僕は攻撃と判断。カウンターを選択した。
だが、
ギャラドスの竜の舞!
「……っ!」
しまった!能力アップか!
カウンターに失敗した……
「喰らえって言ったじゃないか!」
「ん?たべのこしを喰らっておけって意味だったんだよ?勘違いしないでほしいな~?」

ムカつく……。

「さあ!いくよ~!」
今度こそカウンターを決めてやる!そう思いつつ、またもカウンターを選択する。
ギャラドスの竜の舞!
カウンター失敗(2回目)

「ならこうだ!」
ギャラドスは攻撃力が高い。例えHPが高いソーナンスであっても、能力上昇したギャラドスの攻撃から生き残れるかはあやしい。
僕は道連れを選択する。自分が倒れたら同時に相手も倒す技。しかし
ギャラドスの竜の舞!
みちづれ失敗

「くそっ!」
相手は竜の舞により攻撃・素早さが強化されたギャラドス。下手に変えると一撃で葬られかねない。
「(やっぱ……ソーナンスで仕留めるしかないか)」


次のターン
ギャラドスの竜の舞!
読み通り能力アップが来た。
対してソーナンスは神秘の守りを行う。状態異常を防ぐ技だ。十六夜は状態異常の技を好んで使うからだ。


再び僕は道連れを選択する。しかし……

ギャラドスの滝登り! ソーナンスは倒れた!

「……っ! 道連れ発動前の攻撃か!」

十六夜の狙いはこれだったのだろうか? 道連れの前に倒せばギャラドスは死なない。一撃で倒せばカウンターは発動しない。

マズイマズイマズイ!

このままでは圧倒的に不利だ。下手するとギャラドスの独壇場と化してしまう。

「次っ!」
僕が出したのはサマヨール。名前はよしかげとなっている。


しかし、しっぺがえしを試みるも、攻撃・素早さが上がったギャラドスの前には手も足も出ないようで、あえなくアクアテールで撃沈してしまう。

「頼むぞ……ディオ!」

僕はパーティ内の切札、ガブリアス(名前はディオ)を繰り出す。このパーティ内での唯一のレベル60台だ。

先制を取ったのは当然ギャラドス。強烈なアクアテールをディオに与える。
ディオのHPバーがぐんぐん減っていく! しかし……

ピタッ

「よっしゃあ!」

HPはほとんど残っていない。だが、ディオは瀕死となるが生き残った!

「さぁ……存分に味わえ!」

ディオのドラゴンダイブ!
攻撃・素早さは強化されていても、防御面は強化していない。
ギャラドスはそれを受け、一撃で葬り去られた。

「なら……ユクシー!君に決めた!」

対する十六夜はユクシーをアニメの台詞と共に場に出す。

「この一撃で……倒す!」
「やらせないよ!」

先制を取ったディオが再びドラゴンダイブを放つ!しかし、その攻撃は外れ、ユクシーの念力で撃沈してしまう。

「くそっ!」
それに対し、僕はユンゲラーを繰り出す。

「フフッ…焦っちゃダメだよ~?」
「う、五月蝿い!」
図星をさされ、つい怒鳴ってしまった…。
その間もバトルは続き、ユンゲラーはサイコキネシスで攻撃。ユクシーは欠伸をしてきた。
欠伸は次のターンの終りに眠らせる技だ。この曲面で眠るのは困るが、相手は何をしてくるかわからない十六夜だ。よって、交代はせずに欠伸と同じタイミングでダメージを与える技、未来予知を選択する。
十六夜のユクシーはフラッシュをして命中率を下げてくる。交代した場合に対しての行動のようだ。

そして、欠伸の効果により、ユンゲラーは眠ってしまった。
ふと、十六夜を見てみた。
…チシャ猫のようなダークな笑みを浮かべていた…!
蒼羽は状態異常『恐慌』になってしまった!

「さて、回復させてもらうよ…?」

ゆ め く い !

夢食い。眠っている相手にしか使えないが、大ダメージ+HP吸収という効果の技。

「……くっ!」

欠伸がある時点で気付くべきだったか。そう考えつつ、ユンゲラーを交代させる。

「おおみや、頼んだ!」

そう言いながらおおみやを出す。ゴウカザルによってHPは既に半分以下。正直な所、相当キツイ。

ユクシーの念力!
HPはほとんど残っていないが、辛くも生き残った。

「お返しだ!」

おおみやの踏み付けで、ある程度ダメージを与える。

次のターン
おおみやの所に光が現れる……
おおみやのストーンエッジ!

「ドサイドンに先制された!?」
「先制の爪か!……そういや持たせてたな」

ラッキーな事に、持ち物『先制の爪』が発動し、先制攻撃がとれた様だ。

ストーンエッジを受け、ユクシーが沈む。

「いけっ! ルカリオ!」

恐らくDSの画面にも出ているであろう台詞を言いながら、十六夜が次のポケモンを繰り出した。
正直な所、記録していない十六夜との戦いの中でのルカリオは『インファイト』と『悪の波動』。これしかイメージがない。……というか、これしか使って来てない。


ルカリオのインファイト! おおみやは倒れた。

やはりというかなんというか、予想通り弱っていたおおみやは葬られた。

「起きてくれよ!」

繰り出すのはユンゲラー。呑気に熟睡中。

ユンゲラーはぐうぐう眠っている!
……死に兼ねない状況なのに?

そして…
ルカリオの悪の波動!
ユンゲラーは倒れた。


結果
十六夜がルカリオ含む二体残し、戦闘終了。


反省点
-蒼羽-
・ソーナンスを出すタイミングが明らかに違っていた
・いくらレベルが該当しているとはいえ、捕まえたばっかりのポケモンが3匹はマズイ

-十六夜-
・やはり、ドラゴンダイブをかわせたのは運だった。
運に頼らない、臨機応変な戦い方を見出だす必要有り。


バトルレポート(1) 終了
[PR]
by rainbow-dice | 2007-07-16 23:02 | バトルレポート
タイトルの通り、現在ベットの上で休んでる双月蒼羽です。

昨日から少々体調が悪かったので、熱を測ってみたら風邪だったという話です。
まぁ、微熱ですので一日あれば治るでしょうが。

……しっかし暇だなぁ。朝に熱を測ってから、3時頃まで寝てたので眠気もありませんし。授業中は常に眠いのに。

ポケモンでもしてよ。
……いいから寝てろ、ってツッコミはなしでお願いします。


それではこれにて
[PR]
by rainbow-dice | 2007-07-15 20:38 | 蒼羽の独り言
タイトルそのまま。以上。

というわけで今日も守岳詠人だ。今回は女子編。

メンバー(これまた括弧内仮名)は
先峰:後輩F(法条)
次峰はいない。
中堅:同級生(安芸津)
副将:後輩E(渋沢)
大将:後輩G(久坂)

んで第一戦目。
結果的には負け。特に大将は今年の6月から上段に構えを直したため慣れずに完敗。
第二戦目もまた負け。ただ同級生は引き分け。そして大将は押しまくってたが。
……念のため言っときますが、面倒で文を短くしてないヨ。ただ、印象が薄いだけで覚えていないだけですヨ?わかりましたネ?


その頃、守岳詠人は何をしてたか。

吾原「じゃ、守岳先輩頼みますよ」

小川「やっぱりプロがやらないと」

勝島「プロかよ!」

植木「とりあえず頑張ってください」

守岳「植木、『とりあえず』とはなんだ『とりあえず』とは」

吾原「いいじゃないですか、カメラ小僧で?」

守岳「聞き方次第でヤバいぞ?その言い方」

というわけでカメラ小僧やってました。そのあたりは県総体の時と一緒だったりする。県総体とは違って試合場が一カ所で、しかもその試合場の真ん前の一番前の席一列を後輩達とともに占拠に成功。撮影がグーングニルと楽になった。

まあ、それで試合結果が変わるわけではないが。




んで結果男女共に予選リーグ戦敗退という結果に。その上終わったのは11時前。
その打ち上げというか憂さ晴らしというかなんやで吾原の家に突撃、荒らしていこうなんていう話が後輩から出る。
そんなことは華麗に無視していつもはいけない書店を襲撃しようとしたところを天空から連絡が入りそのまま天空家に直行。ちなみにこの時金が危うくなくなりそうだった。
近くのバス停で降りて天空家に向かいちとゲームをして、異常な数の図書を借りて帰宅をする。

………この間とても足が痛かったりする。
今も痛い。
今日は疲れた。
変に疲れた。
湿布をして眠ろう。


では次に目覚めたその時に。
[PR]
by rainbow-dice | 2007-07-15 15:42 | 守岳一賊の暴走記録